Monthly Archives: 2月 2015

実際に起きた、個人輸入による被害

最近はインターネットの普及により、一般の方が海外から欲しい商品を取り寄せる個人輸入が多くなっています。
それに伴い煩雑な手続きを代行する「個人輸入代行業者」も多くなり、手数料を払えば英語が不慣れでも、海外の商品を購入することが出来るようになりました。
しかし個人輸入の増加に伴い、トラブルによる被害も多くなっています。

海外の通販で購入したらブランド品の偽物や不良品が届いた、返品するためには購入者の送料負担など、代行業者に依頼していても相手側と連絡が取れなかったり、相手側が返金を認めない場合は購入者側が被害を被ります。
どんな支払い方法を利用していてもそれは同じです。

特に気をつけなければならないのが医薬品です。
日本の医薬品の場合、薬事法で安全性や有効性が確認されていますが、海外の商品は当然ながら日本の法律は及びません。
個人輸入で購入したカプセル剤を利用して、死亡を含む重大な健康障害を引きおこしたという実際に起きた事例も報告されています。
日本国内で正規に流通している医薬品を使用して健康障害をおこした場合は、医療品副作用救済制度がありますが、海外の医薬品の場合は適用されません。

個人輸入は安易に利用せず、慎重になることが重要です。