Monthly Archives: 12月 2014

ニセモノが少ない個人輸入薬はピル

一定の条件を満たしている医薬品で、個人で使用することを目的としている場合には、海外から医薬品を個人輸入することが出来ます。
個人輸入薬は、日本国内で購入するよりも安価に手に入れることが出来たり、医療機関を受診する必要がないということで注目を集めています。

個人輸入することが出来る医薬品の一つに「ピル」があります。
日本国内でピルを手に入れるためには、医療機関を受診し、処方箋を貰う必要がありますが、個人輸入であればこの手間と時間を節約することが出来るのです。

初めての個人輸入をするという場合、ニセモノの存在や手続きの問題、言葉の問題など煩わしく感じることも少なくはありません。
そこで、輸入代行業者を利用することによって、気軽に購入することが出来るようになります。
トラブルの少ない大手の代行業者を利用することによって、安心して購入することが出来ます。

通常、個人輸入の場合は関税がかかる事はありませんが、輸入額が高額であった場合には、別途関税を支払う必要がある事があります。
一度の購入金額が高額である場合には注意が必要です。

関税がかかる場合には、ハガキが届きますので、指示に従って支払うようにしましょう。
また、一度に購入する量は2ヶ月分以内にするようにします。

個人輸入でニセモノが多いのは高価な薬

近年はインターネットが急速に発展し、個人輸入で世界各国の品物が簡単に手に入るようになり、海外で販売されている医薬品やサプリメントなども購入することが可能になりました。
医薬品を取り扱っている個人輸入代行業サイトも国内、海外問わず数多くありますが、注意点としては医薬品を購入する前にそのサイトが信頼できるかどうかをしっかり調べることが重要です。
実際に掲示されている商品と違うものが送られてきたり、商品が送られてこない等の被害も多いため、ニュースなどでもたびたび取り上げられて問題になっています。
正規の医薬品は製造販売されるまでに安全性や効果などにおいて多くの研究や年月をかけて国に承認されるシステムになっています。

本来高価な医薬品を安い価格で販売しているようなサイトは偽物の薬を販売している可能性もあるので注意が必要です。
薬の場合は、見た目では何が成分として使われているのかわかりずらいと言う特徴もあるため、本物同様に見えても偽物の薬だった場合には、時には命にもかかわるような深刻な健康被害や副作用が出る可能性もあります。
また、医薬品を個人輸入して使用する場合は、何があっても全て購入した人の自己責任になるのでサイト選びが重要になります。